美容液

注目の美容成分「ヒト幹細胞培養液」が配合された美容液の「meruci a lamour(メルシ ア ラムール)」をご紹介いたします。

「メルシアラムール」は、今人気の「ヒト幹細胞エキス」配合美容液です。

年齢を経る毎に、古い肌細胞が残っていきハリやツヤまた潤いまでも失われていきます。

いつまでもお肌は大事にケアしたいものですよね。

そこで今回は「メルシアラムール」という「ヒト幹細胞エキス」の美容液をご紹介いたします。

「メルシアラムール」「ヒト幹細胞培養液」「aアルブチン」「プロテオグリカン」の3種の美容成分を主に配合し、さらにハリやツヤ、潤い効果がある「コラーゲン」「ヒアルロン酸」など約10種類の様々な美容成分も配合されています。

「メルシアラムール」の成分と効果

「メルシアラムール」の全成分はこちらになります。

【全成分】
水、プロパンジオール、グリセリン、ペンチレングリコール、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、サクシノイルアテロコラーゲン、水溶性プロテオグリカン、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸アスコルビルプロピル、カプリロイルジペプチド-17、アセチルヘキサペプチド-8、α-アルブチン、セイヨウオオバコ種子エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、酢酸トコフェロール、アルガニアスピノサ核油、水添レシチン、アルギニン、スクワラン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヒドロキシエチルセルロース、キサンタンガム、ベヘニルアルコール、BG、ポリソルベート80、PEG-30水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、イソステアリン酸フィトステリル、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルラクチレートNa、イソステアリルアルコール、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール
 「メルシアラムール」Qoo10ショップより

ヒト脂肪細胞順化培養液エキス…老化によって活性の低下した細胞を呼び覚ます成分。抗酸化作用が期待出来る成分なので、エイジングケアが可能です。

aアルブチン…美白効果があり、シミ•ソバカス•日焼けの原因となるメラニンの生成を抑制します。

ヒアルロン酸…高い保水能力で肌を潤わせ、肌のバリア機能が向上するので、肌荒れや乾燥などの肌トラブルを防ぎます。

「メルシアラムール」には「マンダリンオレンジ果皮エキス」や「セイヨウオオバコ種子エキス」など、数種類の植物エキスが含まれています。

植物エキスとは多種多様な有効成分を含んでおり、主に皮膚に対して、一定の状態を保つ恒常性と、健康な肌を保つ健常性維持の働きがあります。
これらの美容成分の効果によって、お肌が常にスベスベ感で満たされます。

使用感レビュー

美容液が入っている赤いボトルがとてもキュートです♪スポイトが付いているので、量の調整が簡単に出来ますよ。

「メルシアラムール」のテクスチャーはとてもサラサラとしていて水のような感覚ですが、保湿力が高いので、肌がしっとりします。

無香料なので香りは一切しません。多めに肌に塗っても香りが気にならなかったです。

ライトなテクスチャーなので化粧水感覚で肌につける事ができます。

「メルシアラムール」は保湿力が高いので、乾燥が気になる部分には重ね付けをしました。肌がしっとりとした質感になって良かったです。

まとめ

美容液でお肌の乾燥を防ぐ事により、さまざまな肌トラブルを回避できます。

美容液には化粧水の保湿成分を逃さない「エモリメント効果」があるので、スキンケア時には美容液を欠かさずに付けるのがベストですね。

「メルシアラムール」には今注目の「ヒト幹細胞エキス」が配合されているので、抗酸化作用による肌のエイジングケア効果が期待出来ます。

「メルシアラムール」に興味がある方や、エイジングケア美容液をお探しの方は是非、広告画像リンクより公式サイトを訪問してみて下さい。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

注目の美容成分「ヒト幹細胞培養液」が配合された美容液の「meruci a lamour(メルシ ア ラムール)」をご紹介いたします。 はコメントを受け付けていません
Secured By miniOrange